英会話の勉強 聞き流しは本当に効果があるのか?またはリスニングとスピーキングを同時に鍛える方法

こんにちは、ジャアファルです。

英会話を習得して、やりたいことはいっぱいあるというのに、どうやって勉強していいかわからない。

巷では「聞き流し」が効果があるとはいうけれども、本当なんだろうか?

そんなあなたに、「聞き流し」の真実についてお伝えしようではありませんか。

結論:効果はない

結論から言って効果はないです。

英語が話せるようになるために聞き流しをするのであれば、

聞いた音声の発音と意味を聞いた瞬間に理解し、

脳に自動的にそれらがインストールされる必要がありますが、

果たして日本人の脳が、英語を聞き流したくらいでそれができると思いますか?

「聞き流し」は垂れ流しです。

リスニングの一環として、インプット学習として取り入れればいいんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、わからない単語や発音の省略(リエゾン)、音のつながりでどの単語か認識できなくなることが結構あります。

リスニングはインプット型学習ですが、リスニングで聞き取る力を身につけたいならリーディングも同時にしなくてはなりません。

なぜか、わからない単語は何度聞いても意味やスペルがわからないので、実際に目で見て、調べて確認する必要があるからです。

なので、ただ「聞き流す」だけの学習は時間の無駄になるということです。

本当に効果のあるリスニングとは?

では、音声を聞くリスニングの学習で最もいい方法はなんなのか、お伝えしていこうと思います。

①A~Zまでの発音の発音記号を調べ、頭にインプットする

②発音を聞いて、声に出して理解したら、リスニングを開始する

③聞き取れなかったところを字幕を見て確認、そして、全文を真似して発音

以上の3ステップが僕と僕が教えた人たちに試したところ本当に効果のあったリスニングです。発音するので、スピーキング力も鍛えられますし、単語の勉強になるというのがミソです。

最近では、YouTubeにいろんなコンテンツが充実してきましたよね。

この記事では、話のネタを作れて、かつ自分のリスニング力の向上につながるようなお役立ちコンテンツを紹介しますね。

ニュースチャンネル

YouTubeで社会人・学生にお勧めなのは、BBCのチャンネルです。英語のニュースだったら他でも構いません。

海外のニュースしかり、日本のニュースもあるので、「字幕オン」状態にして最初は聴き、2回目に聞くときには字幕なしでディクテーション(話された言葉を全部書きとる)をし、わからない単語の意味を調べて日本語の訳文を書きます。そして、3回目に意味を把握しながら最初から最後まで聴く。

仕上げに、自分で英文と日本語の訳文を読みます。

この一連の流れができる人はみんな成長していきました。

そして、僕が教えた人たちは今では、フィリピンで旅行会社に勤めていたり、インドネシアで電子部品を作る会社の中間管理職をしていたりします。

あなたも、語彙力、リスニング力、スピーキング力を上げて、英語で実現したい自分の目標を達成していきましょう!

今日はここまで、それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました